2018年7月12日木曜日

現代の訓読で読む 老人と海 1


原文でどうぞ

He was an old man who fished alone in a skiff in the Gulf Stream and he had gone eighty-four days now without taking a fish.

In the first forty days a boy had been with him.

But after forty days without a fish the boy’s parents had told him that the old man was now definitely and finally salao, which is the worst form of unlucky, and the boy had gone at their orders in another boat which caught three good fish the first week.

力のある人はこれでスイスイかもしれないが、なかなかそのような人は少ないだろう。
例えば、the Gulf stream って何か。
 あと、漁業用語も出てくる。skiffとは何か、とか。一人乗りの小舟である。

英語 現代の訓読 である 


 グッと見やすいと思いますがいかが。

 彼は老いていた。小さな船でメキシコ湾流に漕ぎ出し、独りで漁をしていた。一匹も釣れない日が、既に84日も続いていた。

 最初の40日は少年と一緒だった。
 

しかし、獲物の無いままに40日が過ぎると、少年に両親が告げた。あの老人はもう完全に「サラオ」なんだよ、と。サラオとは、すっかり運に見放されたということだ。少年は両親の言いつけ通りに別のボートに乗り換え、一週間で三匹も立派な魚を釣り上げた。






skiff

英語 現代の訓読 について 





0 件のコメント:

コメントを投稿